Healing Dental Disease

矯正歯科を選ぶなら|優良医院の見つけ方を知っておこう

目立たない歯科矯正の技術

事前に治療経過をイメージ

歯型

医療技術の進歩に伴い歯科矯正においても新しい治療方法が次々と生みだされていますが、その中でも年々人気が高まってきているのがインビザラインです。
インビザラインは1990年代に開発された矯正治療法で、わが国では2000年代半ばから導入されています。
一般的な矯正治療の場合、歯を動かすには金属製の治療器具を装着します。
一方、インビザラインの場合は樹脂製のマウスピースを使います。
このマウスピースは歯の型取りを行った後、コンピュータ上で歯の移動をシミュレートし、それぞれの段階に合わせて数個ないし十数個作られます。
そしておおむね2週間ごとに取り換えながら装着を続けていくことで、最終的に理想とする歯並びを実現します。
インビザラインの最大のメリットは、治療の全体像が事前にはっきりと思い描ける点にあります。
上に述べた通り治療開始から終了までの一連の流れはコンピュータによって計算できるため、長期にわたる治療期間にあってもモチベーションを維持するのに役立ちます。
また、マウスピースは透明で、自分で着脱可能です。
そのため、人前で装着していても目立つことがありません。
さらに食事や歯磨きの際は取り外すことができるので、口腔内を清潔に保つことができるというメリットがあります。
インビザラインを手がけているみよし市の歯科医院の数はまだそれほど多くありませんが、みよし市内のとあるクリニックではすでに豊富な治療実績を有しています。
「目立たない矯正」の代表的な治療法として、みよし市内はもちろんみよし市周辺の近隣地域からも患者を集め、好評を博しています。

カウンセリングを受けよう

女の人

インビザラインは、透明なマウスピース型の矯正具を歯に装着してコンピューターで歯列と歯の動きをシミレーションし、歯の移動に合わせマウスピースを取り換えていく歯列矯正です。
この治療法はみよし市にある歯科で受けることができます。
従来のワイヤー型に比べると、痛みや見た目の負担が軽減されることや、一度に治療工程のすべてのマウスピースを製作出来るので、通院回数も少なくて済むというメリットがあります。
またインビザラインの一番大きな利点は、取り外し可能という事です。
そのため、歯磨きも普通に行えるので虫歯や歯周病のリスクも減ります。
ワイヤー型と違い、金属アレルギーのある方でも安心です。
またインビザラインは約2週間ごとに、新しいマウスピースに取り換える必要があります。
では注意点はあるのでしょうか。
一つは、何かを食べたり飲んだりする度に外す必要があります。
透明なマウスピースの為、熱さでの変形や歯に着色してしまう心配があります。
また、通常は、一日20時間以上の装着が必要です。
みよし市では、歯の矯正治療を希望する人も多く、矯正歯科の需要性も高まっています。
そのため、現在では、数多くの矯正歯科が存在しています。
みよし市でインビザラインを受ける場合は症状により40万円〜80万円ほどです。
そんな中、矯正治療にも医療費控除を使う事が出来ます。
支払いも各種クレジットやデンタルローンその他分割払いで支払う事が出来る歯科がほとんどですので、お支払いについては、みよし市の各歯科医院に相談してみると良いでしょう。

自由に取り外しができる

マウスピース

みよし市でも多くの人が歯の治療を行っていますが、歯列矯正は特に長期間の治療が必要です。
みよし市でも様々な矯正治療が採用されていますが、特に注目されているのがインビザラインです。
通常の矯正ではワイヤーやブラケットを取り付けるので装置が目立ってしまいますが、インビザラインは透明のマウスピースのような装置を装着して歯を動かしていきますので、装着していても目立たないというメリットがあります。
そしてワイヤーは一度取り付けると勝手に外すことができず、慣れないうちは歯磨きや食事で苦労することも少なくありません。
その点、インビザラインは自由に取り外しができますので、食事も歯磨きもこれまでと同じように快適に行うことができます。
金属を全く使わずに治療ができますので、金属アレルギーのある人にも安心です。
さらにクリニックに通う回数も少なく済みますし、会話がしやすい、ワイヤー矯正に比べて痛みが少ないなど多くのメリットがある治療です。
インビザラインは注目が高まる矯正治療ですが、こうした治療はどこの歯科医院でも行えるというわけではありません。
みよし市でこうした治療を行うのであれば、まずはみよし市の矯正歯科の情報を調べ、インビザラインに対応しているクリニックを探しておきましょう。
高い技術力、豊富な知識も必要な治療ですので、歯科医師の評判や経歴なども確認しておきたいところです。
装置が自由に取り外しができるのはメリットですが、一定の時間装着しないことには矯正の効果は期待できませんので、装着時間をしっかり守ることも大事です。